国によって、ムダ毛に対する価値観は違う


ムダ毛の処理って本当に面倒ですよね。
ですが世界を見渡してみると、国々によってムダ毛に対する価値観というのは違っていて、ここ日本では当たり前の処理が世界では行われていなかったり、
逆に世界で行われている処理が日本では行われていないという事があります。

例えば腕毛ですが、欧米人の女性はもともと体毛が金色のため、一般的にそれほど気にする要素では無いとのことです。
また、フランスやドイツではワキ毛を処理することはあまり一般的ではありませんでした(最近では変わってきているようですが)。
どちらも日本では当然の処理であり、これら価値観の違いに少々驚かされてしまいます。

特に一番驚かされるのが、下腹部の毛の処理です。欧米では完全に処理する文化が根付いており、それは女性に限らず男性にも言える事なのです。
毛の処理1つを取ってみても、考え方は様々で何が正解で何が不正解なのか分からなくなってしまいます(深く考えすぎ?)。

無駄毛処理がストレス解消にもなります


お金をかければ簡単に脱毛出来る、そんな事は分かっているのですが今はあまりお金が無いので出来るだけお金をかけずに、
しかも簡単に脱毛が出来ないだろうかと考えました。その結果思い付いたのがブラジリアンワックスでした。

サロンでも出来るブラジリアンワックスですが、自宅でも簡単に、しかも案外安くワックスを購入出来るので
私でもチャレンジ出来るという事でこの方法で脱毛する事にしました。ガムテープなんかでも同じ感じで出来ますが、あれだと肌を傷めそうですからね。

で、早速ネットで検索しワックスを手作りし(約五百円くらいでした)、休日の前日に試してみました。
これ思ったよりも良いです。ごっそり無駄毛が抜けますし、なによりストレス解消にとても良いです。
もちろん毛を引き抜くわけですから痛みは有ります。ですが、それ以上のスッキリ感が病みつきになります。

最初の方は上手くいかなかったりしますが、コツを掴めば簡単に出来るようになりますのでぜひチャレンジしてみて下さい。
ちなみに、脱毛後のスキンケアは忘れないようにした方が良いです。